2019/09/07

宅内LAN環境を まとめてみました

いつかまとめてみようと思っていました
201909_Wireless_Network

AirMac Express 3台と、AirMac Extreme 1台で構成。
無駄にややこしい構成ですが、まあ趣味なので。

Naim Audio Mu-soと、Mac miniと、QNAP TS-119は、独立したLANで構成。
TS-119にダイレクトにリッピングした音楽ファイルを、TS-231+にコピー。
リビングでJVC EX-NW1を鳴らす時は、TS-231+と無線LANを使用。
Naim Audio Mu-soは、TS-119と有線接続して鳴らしています。

TS-231+のデュアルLAN端子を活用。
アースラインがやや気になりますが、そこは気にしないようにしています。

2019/08/17

TEAC CD-RW5120I CD-RW DRIVE UNIT

わりとプラスチッキーな正面


接続はFireWire400のみ
20190817-P8173104.jpg

ケースはネジなしで分解可能
20190817-P8173097.jpg

シールド加工に抜かりなし
20190817-P8173103.jpg

ドライブは CD-W512EB
20190817-P8173096.jpg

OXFORDの低速チップ OXFW900
20190817-P8173095.jpg

ACアダプタは小さめです
20190817-P8173106.jpg

数年前にヤフオクで落札して、しばらく放置していましたが、内部を確認してみました。
試しにリッピングに使用したところ、意外に音がいいので、最近、常用しています。
Plextor PX-W5232TAより、少しだけ低音寄りの、安定した音質に聞こえます。

2019/07/06

BUFFALO BS-GS2008を導入しました

8ポートのスイッチングハブ


スピーカースタンドに設置
20190706-P7063045.jpg

電源は外付タイプなので
20190706-P7063050.jpg

アナログ電源を使用
20190706-P7063054.jpg

2017年6月に導入したBSL-WS-G2108Mが故障してしまったので、3年保証を活かしてメーカーに修理依頼したところ、交換品として届いたのが、BS-GS2008でした。

予備機で保管していたNETGEAR GS105-300JPSより、音がすっきりとして、音質が向上しました。高いだけのことはあります。

2019/06/16

EIZO FlexScan L365をメルカリで購入しました

置き場所をまったく考えていなかったのですが


ホームエレクターを移動すると 現われます
20190616-P6160328.jpg

操作できないことはないです
20190616-P6160330.jpg

到着時の使用時間は21H
20190608-P6083003.jpg

かないまる氏によると、ディスプレイの選定と設定は意外なほど音質に影響を与えるそうです。
2018年に小型液晶モニターを入れてみましたということなので、2019年でも有効かと。
EIZO FlexScan L365を選択したのは、私の趣味です。EIZOが欲しかったので。

音質はもう激変です。滑らかでクリアーな音で、それでいて、粗さは粗さとして再現します。
こう書けば、どんな状況でも使えるので、楽なものです。

2019/05/26

AirMac Expressのアースをやめる

アースしたら いろいろと不安定になったので アースを外しました
20190525-P5252989.jpg

ぼーっと聞けるいい音が好みなので、不安定なシステムは好まないので。

2019/04/15

AirMac Expressのアース

背後に見えるのは スイッチングハブ


こんなセッティングになりました
20190331-P3312948.jpg

準備した品の金額総計は iPurifier ACより安価です
20190331-P3312957.jpg

音質が向上したかというと、これは微妙です。
聴感上のS/N比が上がったように思うのは、きっと気のせいでしょう。
でも、目立たないところに気を配るのは、嫌いではないです。むしろわりと好きなほう。
ところでこれ、かなりかなり前に、先人いらっしゃいます。