2020/01/12

ノイズキャンセリング ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 FIIL DIVAを購入しました

アルミと樹脂の質感は なかなかです


デザインは 入念
P1060948.jpg

イヤーパッドも 悪くありません
P1060945.jpg

重量が250g未満で、aptX対応で、ノイズキャンセリング機能を持ち、価格が手頃で、丁寧にデザインされたヘッドホンです。
正規輸入品ですが、日本語の取扱説明書はありません。
英語でのレビューは、ありました。

電源ボタン長押しで、機器とのBluetoothのペアリングができます。
iOSアプリはインストールできましたが、NW-A100TPSにはインストールできず。
アプリなしでも、ヘッドホン本体のスイッチで、4モードのノイズコントロールモードは設定可能です。

FIIL_DIVA
Open Mode: 外音を取り込みするモード。
Monitor Mode: 低域の外音を低減するモード。
Noise Cancelling Mode: 中域と低域の外音を80-90%、高域の外音を50-60%、低減するモード。
Windy Mode: 風雑音を低減するモード。

音質は、クリアーさでは有線よりもわずかに劣りますが、分解能とバランスは充分。フラットバランスではなさそうですが、価格を考えたら、とても優秀な音です。

知名度はゼロに等しいでしょうが、このヘッドホン、1万円程度で購入できれば、お買い得だと思います。


2019/11/23

ウォークマン® Aシリーズ × 40周年記念モデル NW-A100TPSを購入しました

高級感はありません まあWALKMANですから
NW-A100TPS_1.jpg

純正フィルムを貼付
NW-A100TPS_2.jpg

端子カバーは標準装備
NW-A100TPS_3.jpg

USB-Cケーブルも購入
NW-A100TPS_4.jpg

使わないアプリは無効化
Screenshot_NW-A100TPS_1.png

Amazon Music HDとNeutron Music Playerをインストール
Screenshot_NW-A100TPS_2.png

Amazon Music HDのアルバム選曲画面
Screenshot_NW-A100TPS_3.png

Amazon Music HDの再生画面
Screenshot_NW-A100TPS_4.png

W..ミュージックのカセット画面
Screenshot_NW-A100TPS_5.png

W.ミュージックの再生画面
Screenshot_NW-A100TPS_6.png

Neutron Music Playerの再生画面
Screenshot_NW-A100TPS_7.png

メインのイヤフォンはacoustic effect YSM-44/RS
NW-A100TPS_5.jpg

Shanlingはしばらくお休みかな
NW-A100TPS_6.jpg

思い出を偲ぶ縁に購入しましたが、意外に高音質
Amazon Music HDも充分に聴ける音です
常用したいと思います

2019/02/19

EX-NW1 のニアフィールド ソファーサイド セッティング

スピーカーは厚さ30mmの御影石の上に設置


グリルは外さない派です
20190217-P2170442.jpg

スピーカーケーブルは純正品で 左右を通常とは逆に接続
20190217-P2170444.jpg

音源はAirMac Express MB321J/A AirPlay接続
20190217-P2170446.jpg

御影石のサイズが左右で違うのはご愛嬌
20190217-P2170450.jpg

USBメモリは端子の制振用 天板のはタングステンブロックにフェルトシールを貼付したもの
20190217-P2170452.jpg

AirMac Express用の中間スイッチ 光ケーブルはJVCケンウッド XN-205SA
20190217-P2170454.jpg

    


2019/02/17

JVC EX-NW1 を購入しました

小さくても深い


驚きのサイズ、驚きの音場
20190217-P2170436.jpg

頑張った造り
20190217-P2170459.jpg

入力はAirMac Express 光デジタル
20190217-P2170455.jpg

アンプはソファー下にセッティング
20190217-P2170457.jpg

スピーカーは、一人掛けソファーの後方の足元にセッティング。
ニアフィールドというより、ヘッドフォンのような音場です。
音源はNASのAIFFファイルをiPad miniでコントロール。
良好です。

2018/10/21

SHANLING M5 を 購入しました

ジャケットはなかなかきれいに表示されます


社外品の保護フィルムですが ちょっとずれて貼ってしまいました
Shanling_M5_Film.jpg

ファームウエア更新でつまずきましたが 最新にアップデートできました
Shanling_M5_FirmWare.jpg

M5sを待とうかと思いましたが、Bluetoothは使わないし、音源はAIFFだし、レビューなしでもいいかということで。

音は悪くないです。それどころか、大変いい音です。
M3の中低域のふくらみをすっきりさせて、分解能を上げて、ステージを広くした音。
AIFFファイルを鳴らすには、申し分のない音質です。

ファームウエア
7-Zipで解凍して、 microSDカードでアップデートするのですが、FAT32フォーマットでないとカードが認識されないので、フォーマットの違うカードのファームは待機画面のまま、一切の操作を受け付けてくれません。これは壊してしまったかと、ちょっと慌てました。M3のアップデートも同様だったような気もしますが、3年前のことなのですっかり忘れていました。

純正の液晶保護フィルムの角をうっかり折り曲げてしまったので、社外品を購入しました。密着度が高すぎて、私には貼り直しができないのが玉に瑕ですが、とてもきれいなフィルムです。

純正ケースがちょっと固めで、カードの交換がしずらいので、そのうち4インチiPhone用のケースを購入するつもりです。

2018/06/10

Naim Audio mu-so の近況です

シマエナガを置きました


スイッチングハブの置き場を変更
20180610-P6100642.jpg

SUPRAのCat.7 3本を音楽信号用に使用
20180610-P6100637.jpg

いまのところ、さして不満はありません。欲を言えばきりがなし。